導入のメリット

安全対策

車輛(フォークリフト)による
事故の被害を軽減

工場、物流倉庫などでの車輛(フォークリフト)と
人との動線区分を明確にし、
車輛(フォークリフト)による
事故の被害を軽減します。

コスト削減

建物、施設を車輛(フォークリフト)との接触から守り工場のライン停止、倉庫のシャッター破損などを防ぎ損害を抑える事が出可能です。
破損せず繰り返し機能を維持したまま使用することが可能です。
また、ポール・柵自体が変形、可倒することにより基礎施工部への被害を抑え、この事により破損した建物、設備の修理に係るコスト、さらにポール・柵自体の修理コストの削減が可能です。

ポール・フェンスの破損によって発生する間接業務
従来のポール・フェンス Flex Impact/Slowstop
ポール・フェンスの設置 ポール・フェンスの設置
車両の衝突 車両の衝突
現場調査 このような業務から解放され、
本業に集中できます。
始末書
破損物の交換・修理見積依頼
稟議書
決済
発注
交換 ・ 修理の実行
完了報告書
支払業務
車両の衝突 車両の衝突