商品紹介

防災

消防設備の設計・施工・点検は、
当社にお任せ下さい

消防設備点検

防火対象物の関係者(所有者/管理者/占有者)は消防設備点検を行い、消防長又は消防署長に報告する義務が
あります。(消防法第17条の3の3)
違反すると、30万円以下の罰金又は拘留に処されます。(消防法第44条)
点検/報告が必要な防火対象物は、次の建物です。
  • ①延べ床面積1,000平方メートル以上の特定防火対象物
  • ②特定1階段等防火対象物(面積は関係ありません。)
  • ③延べ面積1,000平方メートル以上の非特定防火対象物で、消防長又は消防署長が指定するもの
  • ④防火対象物定期点検報告を必要とする防火対象物
  • ⑤上記以外の防火対象物で、消防長又は消防署長が指定するもの
点検を行う事ができる人は次の通りです。
  • 上記①~④の防火対象物は、消防設備士/消防設備点検資格者
  • 上記⑤の防火対象物は、消防設備士/消防設備点検資格者/防火管理者
点検の期間/報告の期間は次の通りです。
  • 機器点検 6か月ごと行います。
  • 総合点検 1年ごとに行います。

※機器点検と総合点検の、年2回の点検が必要です。

  • 特定防火対象物 1年に1回報告します。
  • 非特定防火対象物 3年に1回報告します。
主な消防設備
  • 火災受信機
  • 差動式熱感知器
  • 定温式熱感知器
  • 煙感知器
  • 炎感知器
  • 消火器
  • パッケージ型消火設備
  • 屋内消火栓
  • 非常警報
  • 誘導灯
  • 119番通報装置
  • 住宅用火災警報器

LEDランプ

政府は2020年までに蛍光灯、白熱灯からLEDへの置き換えを目指す方針を発表しており、これに伴い東芝、三菱、等のメーカーが蛍光灯の生産終了を発表し、現在蛍光灯からLEDへの移行が進められています。
また、地震などの災害時に破損しずらく怪我のリスクを減らせ安全であるという観点から早い段階から、保育園、学校、病院等の公共性の高い施設では移行が進められいます。

LEDで安全、明るく、省エネ、
KSAの2つのプラン

既存灯具利用LED化省エネプラン 既存の蛍光灯などの照明を、簡単な工事でLED化致します。
LED化工事の流れ
交換可能球種一例
  • 蛍光灯
  • ダウンライト
※主にこれらの球種をLED化できます※
工事内容は主に灯具を安定器と切り離すバイパス工事になります。
既存照明交換LED化省エネプラン 既存の蛍光灯などの照明を、新品のLEDと交換致します。
買取、リース、レンタル等
複数の導入方法をご用意しています。
ぜひ一度現地調査をご依頼ください!


株式会社ケイエスエー・ライフガード
TEL.088-822-9090